1、個人再生

個人再生というのは何をいうのか?

-自己破産の場合には現在の債務者が保有している財産を清算するが、再生および個人再生の場合には将来債務者が得ることになる所得を返済の財源として債務整理します。

-裁判所は再生手続き開始の申請がある場合、必要だと認める時には利害関係人の申請によったり職権で再生手続き開始の申請に対する決定がある時まで債務者に対する破産手続きの中止を命じることができます。

-個人再生手続きの開始の決定がある時には債務者に対する破産手続きは中止されます。

個人再生とは、自己破産のように、自分の財産や住宅などを失うことなく債務整理ができるのが特徴です。
裁判所で手続きして、借金を大幅に減らしてもらい、残額を基本3年で分割して支払っていく方法です。
こちらは任意整理と同じで、借金を減らして残りを着実に、そして短期間に集中して返済していきます。任意整理に続き、債務整理の中でも、一番生活状況を守ることができる債務整理と言えます。個人再生であたらな借金返済計画をたてて、新しくスタートする事ができるようになります。
個人再生とは、自己破産にように、自宅などの財産を失ってしまうものを失わずに済む方法です。このような人のために、自宅も失わず、資格も失わないで借金を減額し、返済していくようにする手続きが個人再生です。
そしてもちろん個人再生にも条件があります。
住宅ローン以外の借金が5000万円以下であることが一番重要です。それ以上の債務は債務整理できないし、認められないと言うことです。そして毎月安定収入が見込まれている方であること。収入が安定していないと、せっかく債務整理しても残高を返済できず、また延滞状態になってしまうからです。そして3年間で借金返済をしていける見込みがあること。これらが主な条件となります。

また、「住宅ローン特例」という制度があります。自宅を持っていられる方、住宅ローンをお持ちの方は、債務整理によって借金を減額して、さらに財産である住宅を守りながら借金を返済していく方法です。こちらも条件がありますが、これで住宅を守ることができます。債務整理とは人生を再建、スタートしていけるのがいいところでしょう。債務整理の個人再生は財産をまもることができるのでこれからまだまだ人生のやり直しができます。もちろん3年という期間で返済を完了しなければならないため、毎月の目標額をしっかり目安にして、借金を返済していくという強い意志を持つ事が必要です。

recommend

カラコン 激安

留袖のレンタルを行う

脱毛 恵比寿

Last update:2017/8/3